海外の睡眠薬がネットで買える

世界地図の上に飛行機のおもちゃが乗っている様子
不眠症は、日中の活動でもさまざまなトラブルが影響をおよぼします。
仕事上でミスがふえたり、集中できず作業スピードが落ちることも…。

日本では睡眠薬の市販はされておらず、必ず医師の処方せんが必要です。
でも病院で診察を受ける時間がなかったり、面倒だと思う人もいるでしょう。
そんな方におすすめなのが、ネット通販での購入。
処方せんいらずで通院する必要がなく、お家で薬を受け取れる手軽さが魅力ですよね。
しかし「違法ではないか」「ネット通販で買っても大丈夫なの?」と、心配な方もいると思います。
睡眠薬のネット購入は、厚生労働省が認めている合法な行為。
今回は通販で買う睡眠薬についてご紹介します。

睡眠薬が通販OKなのはなぜ?
日本の法律では、個人が自分で使用するためであれば医薬品の輸入が認められています。
つまり個人輸入なら、法律的に問題ないということ。
個人輸入を専門とする通販サイトを利用すれば、海外の睡眠薬が手軽に手に入ります。
あくまで個人で使う分を代行して仕入れているので違法ではありません。
海外で人気お薬や、日本では未承認のお薬も購入が可能なんです。

通販で人気の睡眠薬
種類が多すぎて、どれを選んだらいいのわからいないという方のために、おすすめの睡眠薬をご紹介します。

・睡眠後に起きてしまう方にはバスパー・ジェネリック
バスパージェネリックは非ベンゾジアゼピン系のお薬で、依存性が低く安全性の高いお薬です。
夜中に目が覚めてしまう中途覚醒、起きる時刻よりも早く目が覚めてしまう早朝覚醒、睡眠時間は十分摂れているのに寝た気がしない熟睡障害に効果を発揮します。

・寝つきが悪いならハイプロン
ハイプロンの一番の魅力は即効性が高いこと。
飲んでから効果を発揮するまで15分と、睡眠薬のなかでも入眠作用に優れています。
眠ろうとベッドに入っても、なかなか寝付けない入眠障害の改善に効果を発揮。
薬の作用が4時間と短いため、起床後に効果が残る心配はありません。

睡眠薬の作用で、不眠を改善すると生活の質も向上します。
睡眠不足が原因で失敗することがなくなり、作業効率が上がることも…。
自分に合ったお薬を見つけ、快適な睡眠を手に入れましょう。