楽天で買える睡眠薬の正体

おもちゃの自転車に箱に見立てたつみきがのっている様子
不眠症は、治療薬で改善される病気です。
でも「病院に行くのが面倒」と、市販や通販で購入したいという方もいるはず。
毎回診察を受け症状を伝え薬を処方してもらうより、通販で自宅まで配達してもらう方が手軽ですよね。
しかしそこには大きな落とし穴が…。
楽天やAmazonなどの大手通販サイトを利用する方は多いと思います。
「睡眠薬」と検索すると多くの商品がヒットしますが、それは病院で処方される睡眠薬とは違い、睡眠改善薬と呼ばれる別物なんです。
今回は睡眠薬と睡眠改善薬の違いについてご紹介します。

睡眠薬と睡眠改善薬の違い
睡眠薬は、睡眠薬(睡眠導入剤)と睡眠改善薬の2つに分けられます。
睡眠改善薬は、風邪薬や鼻炎薬に含まれる坑ヒスタミン剤を使用。
風邪薬を飲むと、眠くなりますよね?
その作用を利用したお薬で、一時的な不眠に対して効果を発揮します。
それに対して睡眠薬は、興奮状態を鎮め緊張をほぐす作用で睡眠へと導くお薬です。
医療用医薬品なので、日本では医師の処方で購入でき市販では手に入りません。
睡眠改善薬は一般医薬品に分類されるため、通販での販売が認められています。

ドリエルを飲んで眠れる仕組み
たくさんある睡眠改善薬の中でも、圧倒的な知名度を誇るドリエル。
エステル製薬が開発・販売していて、「いい目覚めは、良い眠りから!」のキャッチフレーズでお馴染ですよね。
ドラッグストアで購入できる代表的な睡眠改善薬です。
ドリエルは、抗ヒスタミン剤の一種であるジフェンヒドラミン塩酸塩を配合しています。
ジフェンヒドラミン塩酸塩は、眠気を起こす作用があるため一時的な不眠を緩和。
自然に近い眠りに導く効果が期待できます。

睡眠改善薬は一時的な不眠症に効果がありますが、慢性的な不眠症の方には睡眠薬が効果的です。
自分の症状に合った薬選びをしましょう。

その寝不足、不眠症のサインかもしれません

指でsignって書いている様子
不眠症とは眠障害の1つで、寝不足で集中力が低下したり、意欲や食欲が減少し体や心に不調をきたします。
原因は、環境の変化やストレスなどさまざまです。
「最近なんだか寝つきがわるい」「夜中に起きてしまう」などの症状がある方は、不眠症の疑いあり。
ただの寝不足とは違い、不眠症は長期的に現れます。
不眠症のサインを見逃さず、「自分は不眠症かも」と思ったら早めの治療を行いましょう。

寝不足の症状は人それぞれ
不眠症になると、生活習慣を整えても1ヵ月以上眠れない日々が続きます。
日中の眠気、倦怠感、ふらつき、めまいなどの不調で日常生活に支障をきたす場合も…。
症状には、寝ようとしても30分~1時間以上寝付けない入眠障害、夜中に何度も起きてしまう中途覚醒、起床時刻の2時間以上前に目が覚めそれ以降眠れない早朝覚醒の3つのタイプがあります。

症状の現れ方は人それぞれ。
「中々寝付けない」「寝てもすぐ起きてしまう」といった症状が続いている場合は、
不眠症を疑い医師に相談しましょう。

早めの気づきと治療開始を
不眠症の治療は、生活習慣を整えることから始めます。
それでも改善されない場合に初めて、投薬治療を開始。
睡眠薬に対して多量摂取で命を落とす、依存性が高いといったマイナスイメージを持つ方は多いと思います。
しかし現在は昔と違い、副作用が軽減され安全性が高くなっているんです。

不眠症は薬で治療できる病気になり、早期発見・早期治療がとても重要。
「不眠症かもしれない」と悩んでいる時間はありません。
自分の体が出しているわずかなサインを見逃さず、早めの治療を心がけましょう。

不眠症はわずかなサインしか発信しません。
どれだけ早く気づくかで改善するスピードが変わります。
自分の体に耳を傾け、信号をキャッチできるよう自分と向き合いましょう。

ルネスタは本当に安全?睡眠薬のリスクについて

安心安全に

昔の睡眠薬と比べ、身体への安全性が高まったルネスタは、本当に安全なのでしょうか?睡眠薬は人それぞれの症状にあったものを医師が判断して処方していますよね。
しかし「病院でもらったものだから大丈夫」と医師の判断に従わずにいると、リスクが高まることを知っておく必要があります。

●飲まないと寝られない?
アモバンから改良され比較的安心と思われているルネスタでも、長期にわたって続けていると依存性のリスクが高まります。薬物依存には2つのタイプに分けられます。

・精神依存
睡眠薬を使用することで快楽感を覚え、もう一度摂取したいという渇望感が現れ始める。また、睡眠薬を服用できていないと不安感を覚えるようになる。
・身体的依存
長らく使用していると身体が睡眠薬になれてしまい、十分な効果が得られなくなるケース。
睡眠薬を自分の判断で急にやめてしまうと、不眠を繰り返し動悸や発汗、手の震えなどの症状が現れ始める。

●安全に不眠治療を続けるために
ルネスタやその他の睡眠薬でも、副作用や依存性などの危険性はゼロになったわけではありません。
では、どのようにして安心・安全に不眠治療を行なっていけばいいのかお伝えします。

・専門医の判断に従うこと
睡眠薬の必要性を感じなくなった、薬が合っていない気がする、自分の中で違和感を覚えようになったら速やかに病院へ行き、医師に適切な判断をしてもらいましょう。自己判断で減薬や摂取量を増やすことはやめましょう。

・日常生活を見直そう
不眠治療は薬だけに頼るのは良くないとされています。適度な運動、睡眠環境を変えるなど睡眠薬を服用しながら生活習慣も改善していきましょう。

睡眠薬の怖さ・前向性健忘って?

疑問に思うシマウマ

病院でも不眠症の薬として処方される睡眠薬ですが、用法用量を守らないと身体に悪影響を与えます。超短時間作用型睡眠薬の副作用で起こる前向性健忘にという症状や、睡眠薬を服用する際の注意点にフォーカスを当ててみましょう。

●即効性の高さがアダに…
超短時間作用型の睡眠薬は、海馬という脳の記憶を整理している部分に影響を与えるため、前向性健忘という副作用が現れ始めます。
健忘とは、何をしていたのか忘れたという状態で、もの忘れ、記憶喪失と幅広い意味で使われています。
いつ・どこで・なにを、が抜けているので朝起きた時に、服用する前の記憶が抜け落ちています。

前向性健忘という症状は、途中で起きてしまってもその時の記憶がない状態です。
起きていたはずなのに、何をしていたのかわからない、思い出せないという症状です。
例えば、友達と電話でやりとりをしていたとします。翌日にその友達から電話で話した話題をふられると、まったく覚えていなくて混乱状態になるケースもあります。
「やっと睡眠薬を使用できる」と意気込んで多めに取ってしまったりすると、こういった副作用も起こりやすくなります。

●睡眠薬を飲む夜は

前向性健忘の症状を踏まえたうえで、超短時間型の睡眠薬を使用する時は注意点があります。
なるべくすぐ就寝するようにしましょう。記憶が抜け落ちるということは大変怖いことです。
超短時間型は15分~30分、遅くても1時間未満に効果が現れ始めるので、運転や料理をする前に睡眠薬を服用することはおすすめできません。
・運転していて事故を起こしてしまったらしい
・料理をしていたのか手に火傷のあとがある
こんなことになってしまって後悔しても、過去を変えることはできません。
事件・事故を起こす前に、使用の仕方をきちんと理解して睡眠薬を服用しましょう。

ルネスタ買うなら海外ジェネリックがおすすめ

海外通販を利用した後の段ボール

海外では、すでにルネスタのジェネリックは販売されていて、日本にいながらでも通販で購入することができるのです!
薬がきれそうになるたびに、通院するのは時間の無駄と感じる方に海外ジェネリックの商品をご紹介します。

●知名度NO.1!ハイプナイト
ルネスタの海外ジェネリック医薬品で、一番の知名度が高いのはハイプナイトです。
製造元は1996年に設立された、Consern Pharma Limitedというインドの会社です。
ハイプナイトを買う時、量選択の仕方は豊富で、1mg~3mgの50錠~100錠まで選択できます。
例えばこのような価格で購入することができます。

・2mgを50錠で約4500円
・2mgを100錠で約9000円

肝心の購入方法ですが、個人輸入代行サービスを利用しましょう。
日本では、病院や市販でもルネスタのジェネリック医薬品を販売していません。個人輸入は厚生労働省からも認められている輸入方法なので、安心して利用できます。

●安さで選ぶならエスゾピック
ルネスタのジェネリックは、ハイプナイトだけではありません!
エスゾピックという睡眠薬で、ハイプナイトと同じ効き目があります。
ハイプナイトと違う点は、価格です。ハイプナイトと同じ2mgで価格を比較してみましょう。
・2mg×30錠で約2500円
・2mg×60錠で約4500円
・2mg×90錠で約6000円

ハイプナイトと同じ効果が欲しいけど、経済面が苦しいという方はエスゾピックを試してみてはいかがでしょうか?
コスパ重視の方にはもってこいの商品でしょう。

●まとめ
まだ日本で発売されていないジェネリック医薬品が欲しい場合、個人輸入を利用すれば、気楽にお手軽に睡眠薬を手に入れることができます。「ルネスタを処方されているけど通院が億劫…」という方は、一度海外ジェネリックを試してみましょう!

不眠症治療を始めるならルネスタ 

案内している女性

ルネスタは、非ベンゾジアゼピンに分類されており即効性・安全性ともに優れている睡眠薬です。
眠ろうとしているのに寝付けない症状で悩んでいる人に処方されています。
この記事では、ルネスタの安全性や服用する際の注意点をお伝えしていきます。

●ルネスタは即効性&安全性で選ばれている
ルネスタは即効性が強く、早い人は服用してから15分~30分以内に効果が現れ始めます。
では、ルネスタを服用するメリットをみていきましょう。

・ふらつきの副作用が弱く高齢者にも処方されている
・翌日に眠気が起こりにくい
・依存性が低い
・寝付きの悪さを改善してくれる

ルネスタは、1980年代に製造されたアモバンの改良版と呼ばれています。アモバンは第三向精神薬という要注意が必要な睡眠薬で、医師が処方するにも制限が必要でした。
ルネスタは、安全性が高まり通院することなく、個人輸入代行を利用して入手することができます。

●ルネスタの飲み方と服用時の注意点
ルネスタを服用する時は注意点があります。

・服用する時は、眠る直前
・お酒で流し込んでしまうと、ルネスタの副作用を強める可能性がある
・服用した後に、動き回るとふらつくリスクが高まる
・仮眠目的で使用しないこと
・医師に決められた用量で服用する
・食事時あるいは、食後に飲まない
・医師の判断なしに途中で服用をやめないこと
・コーヒー・紅茶・日本茶などに含まれているカフェインは、効果を弱める

ルネスタとは違う薬を一緒に服用する場合は、必ず医師と相談し適切なアドバイスをしてもらいましょう。
また、依存性が低いとはいえまったくないわけではありません。毎日のように使用するのは、依存性のリスクを高めてしまうので、気をつけましょう。